ページの先頭です。
メニューを読み飛ばして、本文へ。
西陣webトップへ English サイトマップ
「西陣」とは? 西陣の歴史 西陣織について おびなび
西陣web資料室 リンク お問い合わせ
西陣織会館
ここから本文です。
「西陣」とは?
西陣の由来

昔ながらの街並みに響く機の音。由緒ある史跡や名所。
そして、卓越した意匠と技から創り出される織物の数々。
この街はいつも、人を包みこむやさしさと心ときめく美
しい織物との出会いにあふれています。

1200有余年の歴史を刻む織物の街

休廷の織物作りから

 京都で織物作りが始まったのは、桓武天皇によって平安京が築かれるよりも前の5世紀頃のこと。また、平安遷都とともに宮廷の織物を管理していた「織部司」と呼ばれる役所が置かれ、今の上京区黒門上長者町あたりに住んでいた職人に、綾・錦など高級な織物作りを奨励したのにともない、発展したといわれています。

 平安時代も半ばを過ぎると、こうした官営の織物工房も衰えてきますが、職人たちは織部司の東の大舎人町あたりに集まって住み、宮廷の管理下を離れた自由な織物作りを開始。「大舎人の綾」、「大宮の絹」などと呼ばれる織物などが作られました。また、宋から伝えられた綾織の技を研究して、独自の唐綾を開発。神社や寺院の装飾にふさわしい重厚な織物として重宝されました。


西軍の陣地があったところ

 1467年に起こった応仁の乱が終わると、各地に離散していた織物職人たちも京都に戻り、戦乱の際に山名宗全率いる西軍の陣地が置かれていたあたりで、織物作りを再開します。戦乱以前から織物の町として栄えていた京都北西部の一帯が「西陣」と呼ばれるようになったのはこの頃から。西軍の陣地跡だから「西陣」というわけです。今も上京区堀川通五辻西入るには、宗全の邸宅跡が残っています。


戻る
トップページ「西陣」とは?西陣の歴史西陣織についておびなび西陣織会館西陣web資料室リンクお問い合わせEnglishサイトマップアクセシビリティについて
Copyright (C) 1997 - 2015 Nishijin Textile Industrial Association. All rights reserved.